menu

ぎんちゃんについて

東京お茶の水店

皆さまお茶の水店のドリンクルームにいたぎんちゃんを覚えていますか?

2016年の2月にお茶の水店にやってきたぎんちゃん。

入店時から高齢だったためなかなかご縁が繋がらなかったのですがその分スタッフやボランティアさん、たくさんのお客様に愛されていたぎんちゃん。

ととらとぎんちゃん。ほどよい距離感の2匹。

卒業したのは2019年の7月。

トライアルのお知らせをしたら大勢のお客様がご来店されぎんちゃんにお祝いの言葉をかけてくださいました。

泊まりのスタッフの横にぴったりくっついて添い寝をするぎんちゃん。

ご飯がほしいときは大きな声で催促するぎんちゃん。

大好きなネズミのおもちゃで高齢とは思えないほど俊敏な動きをするぎんちゃん。

どんな姿も愛おしい。。

3年以上の時間をお茶の水店で過ごしたぎんちゃん。

それ以上に里親さんのお宅では1年半たくさんたくさん愛情を注いでいただきました。

最期までぎんちゃんらしく凛とした姿でどんな未来も受け入れてるようだったそうです。

そしてクリスマスに最期を迎えるなんて甘えん坊で目立ちたがり屋の彼らしい最期でした。

スヤスヤ寝ているぎんちゃん

命あるもの、必ず最期の瞬間は訪れます。

そのとき、凍えるような寒さの夜空の下でなく、暖かいお家の中で自分だけの家族に見守られて旅立つことが出来て本当に里親様には感謝しております。

今も外で寒さに震えている猫はたくさんいます。

全ての猫に安心して眠れる場所とお腹いっぱいの幸せを与えたい!そんな思いでこれからもネコリパブリックは走り続けます。

ぎんちゃん、ととらと一緒に応援しててね。

今頃2匹でひなたぼっこしてるのかな。

お買い物で猫助け!

次の記事を見る 前の記事を見る
カテゴリ一覧へ戻る

Comment

首相あさかのつぶやき

昨日は、東京のネコリパのミニシェルター。ネコリパハウス高円寺にお泊まり。

和室のロビンが添い寝をしてくれるサービスがあるシェルターです。特別サービスらしいです。

最近緊急保護が続いてるので猫の頭数もおおくなっておりますが、スタッフさんや、ボランティアさんが、本当に丁寧に細やかに愛情を持って飼育管理をしてくれてるので、めちゃくちゃ、清潔!かつ、猫にとっても快適なシェルターです。

本当にどこにだしても恥ずかしくない!どこを見られても素晴らしいと言ってもらえる衛生管理と健康管理をしてくれてるなーーーってカンドーします。

もちろんネコリパの各店舗も同じです。

愛情とシステム。これが大事。
愛情だけあっても、キャパオーバーだと本当に保護されたネコたちの動物福祉は守れません。

システムや効率だけを求めても然り。

愛情とシステムのバランスが大事。
ネコリパは、スタッフとボランティアさんで、このバランスをしっかりと崩れないようにみんなで支える。これがミッション!
そのために日々精進します。

つぶやきの一覧を見る

NECO search

猫の名前から探す

特徴から探す

ネコリパの卒業ねこ

neco republic contents index