menu

新猫 えびすデビュー

大阪ねこ浴場

ケガをしてうずくまってる猫がいるということで保護主さんは現場に向かいました。

すぐに病院に走り治療を受けおうちに連れて帰りましたが足が動かないようで

自分でトイレができない状態でした。

預かりボラさんのおうちでつきっきりのお世話がしばらく続きましたがだんだんと元気になっていき

この猫がとても穏やかで人慣れしていることがわかってきました。

なんとか自分でトイレができるようにもなり「きっとこの猫にもずっとのおうちが見つかるはず!」と

猫浴場にやってきました。名前は『えびす』です。

また知らない場所に移動したことではじめはうずくまってご飯もあまり食べてくれませんでしたが

毎日、スタッフやボラさんに声をかけながら撫でてもらってるうちにやっとリラックスしてきたようです。

ケージの扉を開けてもまだまだ出てくるのは先になりそうですが、ゆっくりゆっくりえびすのペースで

おうちを見つけます。

がんばろうね!えびすちゃん!

お買い物で猫助け!

次の記事を見る 前の記事を見る
カテゴリ一覧へ戻る

Comment

首相あさかのつぶやき

昨日は、東京のネコリパのミニシェルター。ネコリパハウス高円寺にお泊まり。

和室のロビンが添い寝をしてくれるサービスがあるシェルターです。特別サービスらしいです。

最近緊急保護が続いてるので猫の頭数もおおくなっておりますが、スタッフさんや、ボランティアさんが、本当に丁寧に細やかに愛情を持って飼育管理をしてくれてるので、めちゃくちゃ、清潔!かつ、猫にとっても快適なシェルターです。

本当にどこにだしても恥ずかしくない!どこを見られても素晴らしいと言ってもらえる衛生管理と健康管理をしてくれてるなーーーってカンドーします。

もちろんネコリパの各店舗も同じです。

愛情とシステム。これが大事。
愛情だけあっても、キャパオーバーだと本当に保護されたネコたちの動物福祉は守れません。

システムや効率だけを求めても然り。

愛情とシステムのバランスが大事。
ネコリパは、スタッフとボランティアさんで、このバランスをしっかりと崩れないようにみんなで支える。これがミッション!
そのために日々精進します。

つぶやきの一覧を見る

NECO search

猫の名前から探す

特徴から探す

ネコリパの卒業ねこ

neco republic contents index