menu

あんづさん、自己紹介動画

大阪ねこ浴場

里親募集のホゴネコが、ずっとの家族を見つけるために、自分自身で自己紹介をする動画です。

ネコリパブリック大阪 ねこ浴場に在住する「あんづ

大阪の南船場の商店街の保護活動をされていた方が亡くなってしまい、残された57匹の猫の1匹。

6年前に、その現場をリフォームして、ネコリパブリック大阪がオープンしました。

まだまだ、人馴れしていなかった、あんづは、その頃からネコリパ大阪メンバー。

ネコビル時代に大きな病気 肺気腫になり、手術をしないと助からないといわれたあんづ。

多くの皆様のカンパにより、大手術を乗り越えました。
ネコ浴場へ引っ越して、人との距離が近くなり始めました。
まったく触れなかった、ハードボイルドなあんづが、急に、ニンゲンに心を許して触れるように、、、
さらに、お尻トントンも要求し甘えるようになったのです!

そんな、心の変化を、あんづさん自身が話してくれます。

お買い物で猫助け!

次の記事を見る 前の記事を見る
カテゴリ一覧へ戻る
在籍ねこ
  • 性別女の子
  • 年齢7-10才
  • 在籍店大阪ねこ浴場
  • 毛色
  • 毛の長さ短毛
  • 人馴れ度シャイ

Comment

大阪ネコリパが発足するきっかけとなった、57匹の取り残された猫の1匹。
鋭い眼光の持ち主あんづさん。見た目は怖いけれど、とてもかわいい声でご飯をおねだりする一面も。
手のひらにおやつをのせて差し出すと、やさしくお上品に食べたあと、キレイにペロペロしてくれるギャップがウリ。
2018年に肺に穴があき、多くの皆様のカンパで大手術をすることができ、今も元気にしています。
ねこ浴場では、トイレコーナーの1室をあんづの部屋として営業中は隠れていることが多かったあんづですが、とつぜん、お尻ぽんぽんが大好きなスリスリ猫に変身!!
あんづがネコリパと出会ってもう6年。やっと、家猫としての自覚を持つようになったようです!

首相あさかのつぶやき

昨日は、東京のネコリパのミニシェルター。ネコリパハウス高円寺にお泊まり。

和室のロビンが添い寝をしてくれるサービスがあるシェルターです。特別サービスらしいです。

最近緊急保護が続いてるので猫の頭数もおおくなっておりますが、スタッフさんや、ボランティアさんが、本当に丁寧に細やかに愛情を持って飼育管理をしてくれてるので、めちゃくちゃ、清潔!かつ、猫にとっても快適なシェルターです。

本当にどこにだしても恥ずかしくない!どこを見られても素晴らしいと言ってもらえる衛生管理と健康管理をしてくれてるなーーーってカンドーします。

もちろんネコリパの各店舗も同じです。

愛情とシステム。これが大事。
愛情だけあっても、キャパオーバーだと本当に保護されたネコたちの動物福祉は守れません。

システムや効率だけを求めても然り。

愛情とシステムのバランスが大事。
ネコリパは、スタッフとボランティアさんで、このバランスをしっかりと崩れないようにみんなで支える。これがミッション!
そのために日々精進します。

つぶやきの一覧を見る

NECO search

猫の名前から探す

特徴から探す

ネコリパの卒業ねこ

neco republic contents index